【プログラミング】一般大学生がプログラミング始めて見た。

挑戦したこと

どうも、暇カメです。
新型ウイルスによる自粛期間中、課題が忙しいだなんだ言ってもやはり時間に空きが出来ます。せっかく時間があることだし何か新しいことでも始めようかなと思い、僕はプログラミングをやってみることにしました。

 プログラミングを始めようかと思った理由は、巷でよく言われているからです。

インフルA
インフルA

プログラミングはやるべき!思考力が付く!

インフルB
インフルB

大学生はプログラミングで稼ぐべき!

 といったインフルエンサーの声を半信半疑に思っていたので、自分でやってみることにしました。とはいっても、何かを作ることはそこまで嫌いでもなかったので、プログラミングには興味はありました。

始め方

 いざ、始めよう!と思っても何から始めて良いのかわからないのが勉強の第一歩ですよね。

 グーグルで調べたところ、様々な方法が出てきました。書籍や、動画、オンラインで教えてもらうというサービスなども存在しました。しかし、色々な方法がある中で、プログラミングを自分で書きながら学べるサービスがあるということを知りました。Progate、ドットインストールといったオンライン学習のサービスは月1000円程度でプログラミングを自分で書きながら学べるということを知り、早速やってみることにしました。

 今回僕はProgateをやることにしました。

Progate入門&感想

 Progateにはさまざまなコースがあり、何から始めるか迷ったのですがまずは「HTML&CSS」をやっておくのがよさそうだったのでそこから始めることにしました。

 HTML&CSSはWebページの見た目を作る言語で、プロえグラミング言語の中でも一番簡単とされているらしいです。他のWeb言語を学んで、公開するページを作成するには必ずHTMLやCSSが必要になるので学んでおいて損はないらしいです。HTMLは主に文章を書く言語で、CSSは文字の装飾やレイアウトを行う言語です。勉強をすることでCSSがどれほど重要かがわかると思います。

 HTML&CSSは初級、中級、上級の学習コースとそれぞれに対応する道場コースに加えflexboxのコースがあります。初級は基礎中の基礎の知識を学ぶ講座で、中級はWebページ作成のチュートリアル、上級はレスポンシブデザインの講座でした。学習コースは、スライドで説明された通りにプログラムを書くのですんなり終わりました。しかし、道場コースは自分でコードを書かないといけないため、何度も見返しながら進めたのでとても時間がかかりました。

Progate HTML&CSS

  • Progateには初級、中級、上級コース、flexboxのコースがある。
  • それぞれに対応する学習コース道場コース(自分で書く)がある。

 おすすめの学習方法をしては、ノートなどに新しい知識を書くのが良いと感じました。道場コースをやって、定着していないことが分かったので自分なりに知識として得たことを書き記しておくことで、ノートを見返すだけで済むので時間短縮になると思います。

 プログラミング学習で新鮮だったのはチュートリアル形式で進むことでした。チュートリアルをこなすことで知識を付けるというのがこの業界での学び方だと思うのですが、逆に言えば結果に対して必要な方法を教えてくれるだけなので、実際に使ったコードの他の使い方(例えばCSSのプロパティに対する他の値の指定方法とか)などがわからないまま進むと感じました。つまり、一つのコードに対しての使い方がほぼ1対1でしか知識が得られないため、一つ一つのコードを網羅的に知ることはできないと感じました。

最後に

 いかがだったでしょうか?

 何だかんだ書きましたが、何もわからない初心者の僕にはProgateは始めの第一歩にうってつけだなと思いました。他の言語も試してみましたが、現段階でWebアプリなどを作る予定もないので少しやってそっとしておきました。

 プログラミングはチュートリアルの数をこなして知識と技術を結び付けていくのがいいのか、網羅的に調べながら進めていくのが良いのかわからないですが、まあどちらにせよ自分で書ければ何の問題もないですよね。(笑)

 今度はProgate以外の学習方法も試してみたいと思います。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました