【新生活】始めよう、弁当生活!メリットまとめてみた!

こんにちは!

皆さんは料理好きですか?

おそらく、この記事を読んでいるあなたは好きなのではないでしょうか??
必要にかられてやっている、というのも偉いです!むしろ、そういう人は自分を褒めてください!

今回は、料理好きの人はもちろんですが、自炊しないといけないという人にも読んでほしい記事です。

毎日、昼は同じところで同じご飯を食べているという人は特に必見です!

そもそも弁当って??

お弁当はいいところがたくさんありますよね。

そのルーツは平安時代にさかのぼります。

弁当の起源は平安時代まで遡ることができる。当時は「頓食(とんじき)」と呼ばれたおにぎりのほか、「干飯」「糒」(ほしいい)と呼ばれる、調理済みの乾燥米が携帯用の食料として利用されていた。

引用 Wikipedia 「弁当」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E5%BD%93#:~:text=%E3%80%8C%E5%BC%81%E5%BD%93%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%80%81%E3%80%8C%E5%A5%BD%E9%83%BD%E5%90%88,%E8%AA%9E%E6%BA%90%E3%81%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82&text=%E3%80%8C%E8%BE%A8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AA%EF%BC%89%E3%81%88%E3%81%A6,%E3%81%9F%E3%81%A8%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82


最初期の弁当は乾燥米を指していたらしいです。まさに携帯食料!!(モンハンかよ!)

そんなハンター、昔の日本人が食べていた弁当は時代を追うごとに徐々に現代の形に近くなります。

安土桃山時代には、現代でも見られるような漆器の弁当箱が作られるようになり、この時代より、弁当は花見や茶会といった場で食べられるようになった。

(中略)

江戸時代になると、弁当はより広範な文化になると同時に、優雅な文化となった。

引用 Wikipedia 「弁当」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E5%BD%93#:~:text=%E3%80%8C%E5%BC%81%E5%BD%93%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%80%81%E3%80%8C%E5%A5%BD%E9%83%BD%E5%90%88,%E8%AA%9E%E6%BA%90%E3%81%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82&text=%E3%80%8C%E8%BE%A8%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AA%EF%BC%89%E3%81%88%E3%81%A6,%E3%81%9F%E3%81%A8%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82

時代を追うごとに、弁当の容器が作られ、おかずが増えるようになりました。このおかずの数が生活のレベルを表す指標になるくらいには、当時からも食事は人の階級を表していたそうです。

なので、江戸時代に作られ、今もなお売られる「幕の内弁当」は相当偉い人が食べる弁当だったんですかね…。(芝居の幕の間に食べるから「幕の内」弁当らしいです…そもそも芝居見れる人ってだけで金持ちそう)

もちろん、現代でも弁当文化は残っていますが、オーソドックスな弁当のタイプから、ジャータイプのもの、サンドイッチ用のものなど様式は多種多様になっています。

ちなみに、西洋風の弁当箱は「lunch box」と訳されるのに対して、日本の伝統的な弁当は英語でも「bento」と訳されます。

弁当のメリット

栄養バランスに優れる

いつも同じところでご飯を食べていると、食事が偏りませんか?
妙に風邪を引きやすくなったと感じたらもしかしたら、栄養不足かもしれません。

自分の好みで食事を選ぶことになるので必然的に栄養が偏ります。特に、野菜は不足しがちですよね。サラダや野菜中心のおかずは取らなくては行けないとわかっていても、意外と高く付くことから諦めてしまうのはよくわかります。(実際僕もそうです)

野菜は料理の材料として見れば安いので、弁当にはうってつけの食材郡の一つです。その他、自炊をすれば、自分好みのおかずをあしらうことができるので栄養面は改善できると思います!

好きなものを食べられる

食堂やコンビニでご飯を買うとき、「なんかイマイチだな」と思うことありませんか?

自分で弁当を作っているとその「がっかり感」はありません!なぜなら、自分でその弁当を作っているからです!!

自分の嫌いなおかず、食材は当然入れなければいいですし、食べたいもの、好きなものを弁当に入れれば毎日最高の昼食を楽しめます。

まち
まち

これで毎日、唐揚げ弁当だ!!!

友人
友人

(こいつ、正気か??)

低コスト

最近のコンビニ弁当って平気で4,500円しますよね。

自炊の最大のメリットといっても過言ではないのはやはり、コスト面だと思います。材料費もそこまでかからずに意外と美味しいものができます。

大体、一つの弁当に200円はかからない気がします。おかずに寄りますがね…。

浮いたお金で趣味にお金を使うのもよし!デザートを買い足すのもよし!
調理器具拡充に使うのもよし!(沼ループ)

バリエーション豊富

微妙なラインナップのいつもの食堂。決まって食べるカレーライス(中)。心を無にして胃に詰め込んでは、空いた時間でスマホをいじる。

こんな食生活はつまらないじゃないですか!??

自分で弁当を用意すれば、毎日異なるおかずを詰めることで、当然のように飽きのこない昼食になります!これが難しいと思う方も多いと思いますが結構簡単ですよ!

自分の食事は自分で変えていきましょ!!

料理スキルが上がる

当たり前のことですが、弁当を作る過程で多少の料理の技術は向上します。絶対に無駄にはならないので頑張っておいて損はないと思います。

普段自炊をする人でも、お弁当とならなければ買わないような材料もあると思います。特に副菜系統は弁当を作るようになってから、僕も作るようになりました。

普通の家庭の食事でも副菜の有無で、その日の食卓のレベルが一段階上がるか決まるといっても過言ではないと思います。ちょっとした副菜おかずを作れるようになっておくことは、この先でも役立つ経験になると思います!!

最後に

弁当を作るのは確かに面倒です。洗い物もかさんで嫌になるときもあります。

でも、それを上回るメリットがあると僕は思っています。冷凍食品からでもいいので、一緒に弁当作りませんか?

料理の中でも「弁当」というのは一つのジャンルと捉えられるぐらいには、食卓で食べる料理とは少し違う点があると思うので、料理好きの方もぜひ一度トライしてみてください!

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました